「ドクロ」の口に隠された陀飛輪。

「Bubble 47 Flying Tourbillown」は、ブラック調の「ドクロ」を文字盤のテーマにして、陀飛輪を巧みに「ドクロ」の口もとに隠しています。

 
47 mmのケースはバラの金で作られ、文字盤の「ドクロ」の模様は真鍮でカットされ、「ドクロ」の表面は糸引きで処理され、歯の部分は特別に「欠けたところ」が作られています。時の針のデザインもとても可愛いです。黒い縁に白い夜光の材料を組み合わせて、「落書き」気質があります。

 
Corumの自宅のCliber CO 016ムーブメントを搭載しており、この自動上鎖ムーブメントは小さいサイズのピペットを採用しており、周波数21600 vphを振って、72時間の動力を記憶しています。