百達翡翠麗LOGOの裏の話をします。

世界の腕時計のトップブランドとしての地位はもちろん、「腕時計の中の藍血貴族」とも言われています。百達翡翠表はいつも外形設計と製造工程を重視しています。表工程は全部ジュネーヴの原工場で完成しました。世界の多くのブランド表の中で唯一の全てのムーブメントが「ジュネーヴの優良品質の印」(GenevaSeal)のブランドを獲得しました。

 
バンダイ独特の「Calatrava十字星」のマークは、歴史物語から始まったものです。1185年、Calatraというスペインの都市はムーア人に侵略されました。勇敢な牧師レイモンドと騎士ディゴ・ベラスケスは民衆を率いて必死に抵抗しました。最後にムーア人を駆除しました。”Calatrava十字星”は騎士の剣と牧師の十字星を組み合わせてできて、そこで荘厳で勇敢なシンボルにもなります。百達翡翠の創始者アンソニー・百達とジェーン・フィレはこの十字架の象徴的意義と彼らの協力精神が非常に合致していると感じ、1875年から「Calatrava十字星」を百達翡翠麗ブランドのシンボルとして決定しました。