LV Fifty Five:1892年のスーツケース

「LV Fifty Five」は1892年のルイヴィトンアルミシェル防水旅行箱からデザインインスピレーションを受けて、旅行箱の中の経典的な金属の縁、リベットなどの元素をケースデザインに取り入れました。

 
Fifty FiveはLVのローマ字数字「V」への執着から来ています。多くの「V」要素が文字盤に現れます。

 
これは細部に満ちた腕時計で、まず注目されているのは、耳のところにある「被覆」の金属製の囲み飾りで、文字盤3、6、9時には「V」の模様を採用し、透かした時に分針を用いる。
全部で3つのモデルがあります。31 mm女子時計はETAクォーツムーブメントを採用しています。36 mm女子時計と41 mm男子時計はETAマシン芯を採用しています。

 
このうち41 mmはGMTの第二タイムゾーン機能を備えており、ウブロコピー旅行者に対する思いやりのあるデザインを表しています。