耀世臻品宝玉グランスCoplicationsシリーズ自鳴時報表

この自動時報は一時間に二回鳴らします。毎回鳴らして三回繰り返します。それは控えめで控えめな方式で人々に時間の経過を注意します。18 Kの白金の卵形の時計の殻、精致な貨幣の紋様の表側。表輪、表側及び表耳は共に28個の明るいタイプのカットダイヤモンド(約0.89カラット)と27個の明るいタイプの青いサファイア(約2.77カラット)をはめ込みます。梨の形をしたカットダイヤモンドをちりばめ、約0.267カラット。2時位置にアラームボタンを設定します。サファイアの水晶の底の蓋は、手作業で模様を刻みます。サイズ:38.45 x 30.40ミリ、防水深さは30メートルです。

 
腕時計のケースは、珠玉ならではの金貨ケースのデザインを採用しています。18 Kのプラチナ素材で作られています。時計の輪も巧みな工芸で高価なサファイアを象眼して、全体を更に美感に富ませます。

 
銀メッキの文字盤は、156個の明るいカットダイヤモンド(約0.42カラット)と303個の明るいカットブルーサファイア(約0.84カラット)を敷いています。独立番号と珠玉のサインが用意されています。突起の浮き輪には77個の明るい形のダイヤモンドがはめ込まれています。約0.586カラットで、6点の位置には偏心小さい目盛リングが設けられています。

 
定番の青い魚眼針は、全体の宝石の色と色調の高さが統一されていますが、これは珠玉という久負のブランドにとって品質の伝承です。

 
文字盤の11時と1時の位置には、時報装置のスピーカーハンマーがはっきりと見えますが、これらのハンマーの間には、ハート型のダイヤモンドがはめ込まれた金色の彫刻のバラがあります。これによって時報装置のオン/オフの状態を示します。