御堂時計:傑出した究極の魅力

BELLUNA Brunnerシリーズ「時分割偏心」全自動機械式時計は、ロイヤルアルバートホールのデザインのインスピレーションを探求し、まっすぐな質感と明るい光と影のレイヤーを取り入れています。この時計のニュートラルなスタイル、工夫によって作成された2つの文字盤は、まるでロイヤルアルバートホールのガラスの屋根が花のように伸びているかのように調和しています。混雑した街角での散歩でも、威厳のある深刻な職場での作業でも、ハンサムで冷酷なファッショニスタがこの独創的なニュートラルウォッチと組み合わせて、個性を十分に発揮し、さまざまな視点でさまざまなものを追求できます。 。黒と赤のインパクトは、鮮やかでファッショナブルな視覚的楽しみをもたらします。冷たくて明るい色のデザインは、この時計をすべての中立的な軍服ファンにとってなくてはならないアイテムにします。

 

BELLUNA Brunerシリーズ「時分割偏心」全自動機械式時計の直径は40 mmで、移動精度は3方向に調整されています。 10時位置には、濃い灰色の時針と分目盛りがあり、太いバーに銀色の目盛りが点在しています。4時位置には、黒いバーと細いバーに赤い手のマークが付いています。手首とコンサートホールに残っている音符の間の高速および低速のウォーキングポインターは、さらに類似しています。ダイヤモンドベベルカットの時針と分針はスマートで繊細で、カタツムリの形をした秒針のベゼルはシンプルで正確で、黒の革ストラップはステンレス鋼の折りたたみ式バックルに合います。