冒険家植村直己の人生と冒険の成果を記念した1970年のダイバーズウォッチの現代的な解釈

セイコーは1965年に日本初のダイバーズウォッチを発売し、5年後には忘れられない究極の実用ダイバーズウォッチを発売しました。この1970年のダイバーズウォッチは、4時位置のリューズクラウンの非対称延長を踏襲しています。頑丈な構造、150メートルの耐水性、蛍光針と目盛りを備えています。非常に耐久性があり、読みやすいタイムリストが必要な方に最適です。 。時計ファンにとって、それは完璧なオプションです。日本の冒険家、植村直己は1974年から1976年にかけてこの時計を着用し、グリーンランドからアラスカまでの12,500 kmの犬ぞり遠征を完了し、極限環境に耐える時計の能力を証明しました。

 

2021年は植村直己生誕80周年であり、この冒険家の生涯と彼の並外れた冒険を記念して、セイコーはこの尊敬されるダイバーズウォッチの現代的な解釈を開始しました。

 

この記念時計は、1970年のオリジナルデザインに忠実ですが、現代の職人技で作られています。文字盤の模様は上村の愛する山岳地帯を彷彿とさせます。文字盤とベゼルの青は、上村のように世界の屋根を登る人だけが見た地球の上層大気の青の色調です。上村はで最も高い山です。世界。5つの大陸の最高峰を突破した最初の人。ケースの側面は慎重に磨かれ、5列のチェーンリンクステンレススチールストラップと調和して、モダンできちんとした外観を作り出しています。日付ウィンドウは4時から5時の間に配置されているため、12時間のマーカーと針は、環境に優しい完全な蓄光塗料で覆われ、暗闇でも最高の視認性を提供します。

 

この上村風の時計は、北日本の雫石時計工房の時計職人がダイビングウォッチ用に特別に設計した8L35ムーブメントを搭載しています。ケースの超硬質コーティングが時計を傷から保護し、二重に湾曲したサファイアクリスタルの内面のアンチグレアコーティングにより、文字盤をどの角度からでもはっきりと読み取ることができます。この時計の耐水性も200メートルに向上し、追加のシリコン時計は元の時計バンドと同じトラックの質感を持っています。

 

http://shenzehuan1o.blogger.ba/